事業案内

金型設計・製作

柔軟な発想で多様なニーズに応える金型製作

3D CAD/CAM等を用いて様々な製品形状のプレス金型を単発型から順送型まで幅広く設計・製作に取り組んでいます。
また、ワイヤーカット、マシニング、放電加工など、金型工作機械の最新鋭設備を導入することで、様々な業種における金型(順送金型、単発金型、自社開発金型など)の製作依頼にお応えしております。
その他、金型パーツのみの加工も承りますので、お気軽にご相談・お問合せください。
029_1.jpg

1.金型設計

従来のやり方や発想にとらわれず想像力を駆使する柔軟さと、強い好奇心を持ってお客様とより良い製品を追究し具現化いたします。
弊社の金型設計技術は、他社にも引けを取らない豊富な知識と経験が強みです。社内で情報を共有し合い、アイデアを練りながら精度の高い金型作りに取組んでいます。
031_1.jpg

2.金型製作

金型設計により作成した図面に基づき、高い精度と加工技術が求められるなか、実際にプレス金型を作り上げていきます。
金属の膨張収縮を起こさない環境作りをおこなうため、季節、湿度、時間などによって温度差を出さないように、恒温室内(一定温度環境化)にて加工をおこなっております。
お客様の多様なニーズにあった製品と適切なコスト、決められた開発期間内での設計製作に対応するため、安定した技術力をもって、高品質のものづくりをお約束します。
101.jpg

3.金型製作の流れ(例)

1. 図面・データを元にお客様とお打ち合わせ後、製品を検討し設計に入ります。
2. 3D CAD/CAM等で金型図面を作成します。
3. データをもとにマシニングセンタで穴・形状加工をします。(機械加工)
4. 研磨機で研磨し寸法を確認します。(機械加工)
5. 焼き入れ加工後、ワイヤー加工します。(機械加工)
6. 組立とトライ(完成度の高い仕上がりを求め、修正箇所の確認・測定器で寸法をチェックしながら、何度もトライします。)
7. 金型試作品を最終確認し完成です。
049.jpg